Oh So Funny

だいたいアイドルのお話。

まぁ、どんな状態でも「おやホロ」は「おやホロ」だよね

と、語れるほどライブに参加してるわけではないのですが、4月8日(金)に新宿のシネシティ広場リニューアルイベントにて、(なぜか)出演することになっていたおやすみホログラムのライブを見てきました。

 

f:id:ohsofunny:20160417230737j:plain

(出典元:おやすみホログラム6/15ワンマン渋谷 (@oysm_hologram) | Twitter

 

「シネシティ広場ってどこだ?」と思ったら、旧コマ劇前、今ならTOHOシネマズ新宿の正面から左手にあるスペースのことでした。

 

イベント自体は17時から開始でしたが、おやホロが出るのは18:10からとのことだったので、「5分前に着いておけばいいだろ」と思いしれ~っと歩いてると…。

 

なんか…Drifterが聞こえるんですけど…。

 

慌てて時計を見たら、18:04。なんだよ、早く始まるならそう言ってくれ。

会場はステージの前に4人がけの長椅子が30脚ほど用意されていて、その後ろは立ち見。椅子には芸人を見に来たであろう人たちや、たまたま通りがかったような人たちが座っていました。

 

Drifterは半分くらい聴けて、次に流れたのはMachine song。

やっぱ良い曲だね。おやホロを知ったのはエメラルドからだけど、渋谷WWWで開催されたリリパではMachine songのCDもその場で買ってしまったくらいだ。

Machine songが終わると軽くMCが挟まれ、「あんなのばかりじゃないんだぞというところを見せられたと思います。」と言っていて、(Drifterで何かやったんだろうか…)となったのでやっぱり途中参加だったのは残念だったな。

 

▼この時はまだファンは大人しい。▼

f:id:ohsofunny:20160418002526j:plain

 

そして誰かの庭が流れ始める。

誰かの庭ってしっとりとした、どう考えてもフロアが沸く曲ではないのだけれど、そこはおやホロの為せる業か、当たり前のようにモッシュクラウドサーフが起こるんだよね。

しかし今回は外ということと、明らかに一般人がいるためか最前でオタクが沸くか沸くまいか迷っている感じだった。

立ったり座ったりを繰り返していたが、ステージの左右から徐々にファンが集まってきて…。

 

▼みんなが暴れる直前です。▼

f:id:ohsofunny:20160418002546j:plain

 

誰かの庭が終わり、noteが流れると枷が外れたかのように最前はいつもの光景になった。

まぁ、いつもの、というほどライブには参加してないんですけど(強調しておく)。

 

最後はPlanで締め。あ、これは分かりやすく沸く曲です。自分も沸きたかった。

しかし、こういうイベントでは警備員とかいて危ない行為をする人たちを止めるもんだと思ってたけど、全く止める人がいなかったのには驚いた。

「うちはこうなるんでよろしくお願いします。」とか運営が言っていたのかな。

 

全5曲を終え、カナミルが最後に「客引き!犯罪!客引き!絶対ダメーー!!」と叫んでいたのが面白かった。

たぶん街頭にかかっていたのぼりに書かれていたんだろうな。

 

そんなわけでシネシティ広場でのおやホロライブでした。

これが無銭とかヤバかったですわ。

 

次おやホロのライブに参加するのは何かわからないけれど、とりあえず6月15日の2ndワンマンには絶対参加するよ。